歯茎に問題がある方へ

歯周病にならない体内環境を手に入れる

歯茎にこんな症状ありませんか?

  • 歯茎の赤みが気になる
  • 歯がグラグラする
  • 歯茎の腫れが気になる
  • 歯茎から膿が出る
  • 歯がしみる
  • 口臭がする

多くの人が知らず知らずに歯を失う原因は、目には見えない所に存在します。それはミクロの世界、そう「細菌」が少しずつ少しずつその症状を作り出していき、気付いたときには既に手遅れになるというサイクルによるものです。

歯周病菌は歯垢(プラーク)・バイオフィルムと呼ばれる”細菌の塊(細菌の巣)”の中に生息しています。歯周病が進行すると、例え1本1本の歯そのものが健康な状態であっても、その歯を支える土台となる顎の骨を歯周病菌が溶かしていき、最後にはその健康な歯が抜け落ちてしまいます。
症状が進行し歯を失う前に、できるだけ早く、この原因を徹底的に除去し、コントロールすることが必要です。このことは、あなたが一生涯、自分の歯で美味しい食事と楽しい会話や生活を営む上での大変重要なポイントとなります。

歯周病が怖い理由

全身疾患と深い関りがある

歯周病は、健康な歯茎を炎症させます。炎症した歯茎は、歯みがきをしただけで歯茎から出血したり、咀嚼するだけで歯茎から出血したりします。
その出血により、お口の中では悪玉細菌が血液の中に入ります。この事を、歯原性菌血症と言い、これにより血管のあらゆる箇所を老化させてしまい、様々な病気を引き起こす要因となります。

歯周病が引き起こす、代表的な健康被害

  • 1糖尿病

    糖尿病は、網膜症、腎症、神経障害、末梢血管障害、大血管障害といった合併症を引き起こしやすいことが知られています。歯周病はこれらに続く「第6の合併症」といわれているほど、糖尿病と密接に関りがあると言われています。

  • 2循環器の病気

    これまで1000人以上を対象におこなわれた研究によって、歯周病が重症化した人は重症ではない人に比べて脳卒中や狭心症・心筋梗塞などの循環器病の発生率が1.5から2.8倍も高いことが明らかになったと言われています。

  • 3関節リウマチ

    関節リウマチは免疫の異常などが原因で、手や足の関節に痛みや腫れをともなう炎症が起きる病気です。関節リウマチと歯周病には同じ炎症性サイトカインが関連しているなど共通点も多く、関節リウマチの患者さんは歯周病にかかりやすいことが分かっています。

  • 4誤嚥性肺炎【ごえんせいはいえん】

    歯周病菌が気道経由で感染を広げる病気の代表が、「誤嚥性肺炎」です。口の中の歯周病菌が唾液や食べ物に混じって気道に入り込み、肺に感染を起こします。口腔ケアを行い、歯周病菌が減少すると肺炎の発症率が低下することが報告されています。

当院の歯周病予防プログラム

  • 1ペリオテスト+ペリオカム

    歯科衛生士によって、現在の歯周ポケットの深さを測定します。その後、クリーニングする前に口腔内の細菌を採取し、ペリオカムで細菌の状態を確認します。

  • 2クリーニング

    歯科衛生士が超音波スケーラーやPMTCの処置を行い、歯石やプラーク、バイオフィルムの除去を行います。

  • 3THP 3DC

    THP 3DCでは、患者様に合ったマウスピースに薬剤を入れて、数分間その状態をキープして口腔内の悪玉菌を除菌するシステムです。THP 3DCでは、歯のすき間や歯周ポケット、プラークに存在する悪玉菌だけを除菌しますので、痛みなどの心配は入りれません。

  • 4ペリオカム

    ペリオカムで、クリーニングなどの処置が終わった後も細菌を採取して、口腔内細菌の状態を処置前と処置後の違いを確認して頂きます。

ホーム歯周病予防プログラム

歯磨き後に殺菌水【POICウォーター】を使用したうがい

POICウォーターは洗浄・殺菌 の2つの機能を持っており、バイオフィルム・プラークを分解・洗浄した後に殺菌力がUPする歯科治療水です。ほとんどの細菌・カビ・ウイルス(肝炎ウィルス、ノロウィルス、HIV、MRSA、インフルエンザウィルス、O-157、他)を30秒以内に除菌することが可能です。

当院では、院内感染予防対策や歯周病治療のために院内のコップ水から手洗い水まで、すべての場所でPOICウォーターを使用しています。

POICウォーターの特長

  • その1バイオフィルムの除去

    次亜塩素酸イオンが歯周病菌の温床であるバイオフィルムを剥離しやすくし、歯周ポケットへの殺菌・消炎効果を高めます。

  • その2高い殺菌効果

    歯周病菌の細胞を構成するタンパク質に作用して、歯周病菌を根本から破壊します。

  • その3消炎作用

    免疫機能(活性化マクロファージ)は時として炎症を引き起こす要因になります。その破壊行為を抑止する効果があります。

POICウォーターの安全性と殺菌力

POICウォーターは、不純物を最大限まで取り除いた「超純水」と、純度99.9%の「塩」を混合し「電気分解」した、薬品を全く使用しない殺菌水で、市販の洗口液と比べると安全性と殺菌力は高いです!!

当院は、T-METHODという北欧式予防管理型根本的歯周治療システムと予防メンテナンスを導入しており、ハーブを使用したPOCIウォーターを採用し飲み込んで害が無い、より安全なPOICウォーターを提供しております。

THP 3DCで寝ながら口腔内の環境を整える

THP 3DCは、従来のマウスピース型の殺菌薬とは違い、ハーブ系を使用した薬剤です。その為、従来の薬剤では叶わなかった長時間の装着が可能となりました。

これで、虫歯の進行や歯周病の進行が進む、睡眠時も予防を可能とし虫歯や歯周病になりにくい、口腔環境の維持が出来ます。

睡眠中は口腔内は酸性になり虫歯や歯周病が進行しやすい

虫歯菌や歯周病菌は酸性に強く、歯は酸性に弱いです。しかし、睡眠中の口腔内は酸性になりやすいため、虫歯や歯周病が進行しやすいと言われています。

THP 3DCを使用する事で、酸から歯や歯茎を守るだけなく殺菌も行うので、虫歯や歯周病が進行しにくい環境となります。

『バクテリアセラピー』で体内細菌をリセットしよう

人間の体内には本来、悪玉菌と戦ってくれる善玉菌(プロバイオティクス)がたくさん共生しています。しかしながら、近年の研究によると、ストレスや食習慣の変化などにより、体内からプロバイオティクスが失われつつあるということが、だんだん明らかになってきました。そこで、減ってしまった善玉菌を新たに摂取することで悪玉菌の繁殖を抑制し、便秘や下痢、各種アレルギー、歯周病や虫歯などを未然に予防、または治療加速を行う最先端医療技術として、「バクテリアセラピー」が生まれました。

当院では、歯周病などの予防を図るため、善玉菌(L.ロイテリ菌)を用いたバクテリアセラピーで口腔内菌管理をサポートしております。

こんなお悩みに対応します

  • 歯周病や虫歯が再発する。
  • 便秘や下痢になりやすい。
  • アレルギーが治りにくい。
  • 口臭が直らない。
  • ピロリ菌に感染した際、治りにくい。
  • アトピーが気になる。

このような症状の原因はもしかしたら、「体内菌質」のせいかも知れません。
バクテリアセラピーとは、口内菌のバランス管理をすることで、お口だけでなく全身の疾患の治療補完や予防につなげていく新しい予防医学です。
天然乳酸菌を使用するだけなので、性別世代に関係なく、健康な方も治療を受けている方も、どなたでも安心して取り組むことができる安心で安全な新技術です。

バクテリアセラピーの効果

  • その1歯周病菌を特別な乳酸菌で除菌する。しかも母乳由来なので、すべての人にやさしい。

    バクテリアセラピー実施で歯周病菌が6週間で約90%除菌されることが確認された。

  • その2口臭の消失

    「口臭あり」と判定された20人も8週間後には2/3は口臭が消失していることが確認され、口内の状態を改善していることが確認された。

  • その3大切な母乳の「品質管理」を始める。しかも、歯医者さんで。

    バクテリアセラピーを実施すると母乳の中の大切な免疫成分は増量され、アレルギー誘因成分は減量される。

  • その4アトピーを抑える。しかも歯医者さんで。

    アトピー性皮膚炎の乳児50名に12ヶ月間バクテリアセラピーを実施。12ヶ月で湿疹面積が57%縮減。バクテリアセラピーを実施した乳児はアトピー性皮膚炎の発症リスクが1/4に低減された。

  • その5ピロリ菌を抑える。しかも歯医者さんで。

    バクテリアセラピーをピロリ菌感染性胃潰瘍発症の成人に実施。30日後は60%の患者はピロリ菌が完全に消滅した。胃散抑制剤(PPI)との併用で相乗効果が現れる。

  • その6便秘も改善。

    バクテリアセラビーを実施した患者の99%は開始後8週目で全員便通が正常化した。

歯茎ライン整形術

歯茎の見た目でこんなお悩みはありませんか?

  • 笑ったときに歯茎が見えすぎる
  • 歯の形が不揃いで歯茎のラインが凸凹
  • 歯茎がぽっこりと膨らんでいる

歯ぐきの整形とは、歯肉の整形や、歯茎の形態修正、歯肉整形術、歯ぐきカット、ガムカットなどとも呼ばれ、名前の通り歯茎をメスやレーザーでカットして、形を美しく整える治療です。
キレイな歯並びなのに、笑ったり話したりすると歯ぐきが必要以上に見えすぎる。また、なんらかの原因で歯茎が後退したり(下がる)、痩せてしまっている。そんな場合でも、近年の歯科治療においては、特別な治療方法で歯茎を再生できる場合があります。

手軽で費用が安く、短期間で終わる治療のため、リップラインが気になる方は、是非一度当院にご相談ください。より魅力的で美しい笑顔に変身します。

歯茎が目立つ方に『ガミースマイル』

ガミースマイルとは、無意識に笑ったり、口を大きく開けたとき、歯茎が見えすぎてしまう状態をいいます。原因は、歯が歯肉に被り過ぎてしまったり、骨が歯を覆いすぎてしまったり、唇が上がり過ぎてしまったりと、さまざまな要素があります。

治療方法は、歯肉整形術やセラミックの併用、歯槽骨除去術や口唇粘膜をぬいあわせる外科手術などがあります。歯茎の見え方や、お口の状態により、治療方法が変わってきます。担当歯科医師とよく相談のうえ、ベストな治療方法を選びましょう。

ページトップへ