子供の育成矯正治療

全体6割のお子さんが不正咬合に!!

お子さんにこんな習慣・癖はありませんか?

  • 柔らかい物しか食べない
  • 片側でしか噛まない
  • 指しゃぶりが直らない
  • 口を閉じない
  • 頬杖をつく
  • 姿勢が悪い

上記や下記のような症状があるお子さんは、歯並びが悪く(不正咬合)なりやすいです。
歯並びが悪いと、見た目だけの問題だけでなく、健康障害が起きやすくなってしまいます。現代では、柔らかい物しか食べないお子さんや、姿勢や寝相が悪いお子さんが多く、鼻で上手に呼吸が出来ないお子さんも増えて来ています。

お子さんにこんな症状はありませんか?

  • 歯並びが悪い
  • 寝ているとき、口が開いている
  • いびきをかく
  • いつも、ポーっとして口を開けている
  • 姿勢が悪い:前頭位、猫背
  • 寝相が悪い
  • 鼻や耳が悪く耳鼻科の通院をしている
  • 唇が荒れたり切れたりしやすい
  • 風邪を引きやすい
  • 扁桃腺が腫れやすい
  • おしゃぶりがとれない
  • 落ち着きがない
  • おねしょがなかなか治らない
  • アトピー性皮膚炎のような肌をしている
  • 喘息がある
  • アレルギーがひどい

これらは上顎の発育不良によって引き起こされる症状です。
すべてが原因ではありませんが、関係が深いと言われています。

歯並びが影響する健康被害

歯並びが悪いと、歯磨きで汚れを取り切れずに虫歯が出来てしまうだけでなく、嚙み合わせも悪くなることがほとんどです。

その原因は、アゴの発育にあります。アゴが発達しないと綺麗な歯並びで生えて来れるスペースが無いために、ガタガタな歯並びになってしまいます。それだけでなく、顔のバランスも崩れて、気道が確保できず鼻呼吸が上手に出来なくなり、口呼吸になってしまったりと、様々な影響が懸念されます。

口呼吸のお子さまは、本来なら鼻を経由する事で細菌感染を防いでいるのが、ダイレクトで体内へ細菌が入っていってしまうために、風邪を引きやすかったりと体が弱くなることが知られています。

お子さんの時期に矯正治療をするメリット

  • 抜歯の可能性が低い
  • 鼻通りの改善
  • 姿勢の改善
  • 睡眠無呼吸の改善
  • 口内炎が出来にくい
  • 性格が明るくなる

大人と違い、お子さんの時期に矯正治療する一番のメリットは、抜歯する可能性が低いことにあります。また、発育に合わせて矯正治療を行っていきますので、体への負担も大人の矯正治療に比べて低いです。

受け口、出っ歯などの症状でも、発育に矯正する事でお子さんへの負担を軽減する事が可能です。
未発達で、気道が狭くなってしまっている事も矯正で改善していきますので、鼻炎や鼻づまり、鼻アレルギーが高い確率で改善されます。

また矯正治療を行うと、歯並びだけ綺麗になることや、鼻通りが良くなるだけでなく、笑顔に自信が持てたりと、精神的な部分にも前向きな効果が出て、お子さんの性格が明るくなることも良くあります。

矯正治療時期について

適応年令は4~15才くらいです。
一般的に矯正歯科では、「永久歯が生えるまで待ちましょう」と言われることもありますが、決して待たないで下さい。

お子さんの矯正治療時期については、4歳ぐらいから始めると骨格が最も変化する時期に矯正治療を行う事が出来るために、適切な治療を行う事ができます。

当院の小児矯正治療【顎顔面矯正】

T4K ・プレオルソ ・EFラインで歯並びだけでなく、顎の発育に効果的な矯正治療

T4K・プレオルソ・EFラインといったマウスピース型の装置は、綺麗な歯並びのためだけでなく、口腔筋の訓練も行っていくものです。
1日1時間以上を目安に、上の唇と下の唇を閉じて合わせた状態をキープします。キープしている間に、舌の先は装置を舐める、呼吸は鼻で行うことが可能です。これにより、舌は正しい位置の癖が付き、鼻呼吸をする癖も付きます。就寝時にも装着して寝て頂きます。
T4K ・プレオルソ・EFラインは、永久歯に生え変わる交換期(おおよそ6歳~12歳)に使用することで、正しい発育を促し最も効果的に顎の発育と歯並びを綺麗にしていきます。

外部サイトmyobraceでもっと動画を見る

当院のT4K専門サイトはこちら

ブラケットを使用しない、MRCシステム矯正

当院では、ブラケットを使用せずにトレーナーと装置の装着(T4Kなど)と口腔筋機能療法(MFT)を用いて、歯並びを乱している筋機能の改善、正しい鼻呼吸の獲得を目指し、お子様の健康なお口、美しい口元を作る治療をします。

口腔筋機能療法(MFT)はこちら

マウスピース型矯正治療のメリット・デメリット

  • デメリット
    • お子さんのやる気次第であること(家族の協力が必要不可欠)
    • 親御さん主体で進める必要があるので、お母さんのやる気も大事です
    • 生涯の歯並びを保証するものではないこと(遺伝的な成長で再度通常矯正が必要になることもある)
    • お口の周りの筋肉のトレーニングが毎日必要であること
    • 中学1年生(大人の歯が生えるまで)くらいまで経過観察する必要がある為、矯正期間が長いこと
    • うつぶせ寝、頬杖、舌いたずらなどの悪習癖があると良い結果がでないこと
  • メリット
    • 通常矯正よりも安価であること
    • 装置が簡便で、メインテナンスも簡単にできること
    • しっかりと使えていれば通常矯正をする必要のない歯並びになること
    • 通常矯正よりも辛くないこと(痛み・負担が少ない)
    • 永久歯の抜歯をしないこと
    • 骨格も正常範囲に近づけられること
    • 装着が日中1時間と寝ている時だけでいいこと
    • ぽかん口がなくなること(虫歯になりにくい)
    • 免疫力が向上すること(風邪をひきにくくする)

スペインの出版社AMOLCA発行のT4K書籍に症例が掲載されました。

The secrets of The Trainer and Myobrace appliances and the Biofunctional System

世界的に評価されている書籍、「The secrets of The Trainer and Myobrace appliances and the Biofunctional System」に、日本人歯科医師として症例が掲載されました。
当院では、日本では実績が少ない中、T4Kだけ小児の歯列不正の改善実績があります。

頑張れ!T4K!

頑張れ!T4K!では、T4Kに興味がある歯科関係者または医療関係者が大集合し、フェイスブックグループで情報共有しています。ご興味のある歯科関係者または医療関係者は、下記のリンクから参加申請をしてください。

情報共有だけでなく、当院主催のプライベートセミナー情報のお知らせも受け取る事が出来ます。

頑張れ!T4K!

T4Kの症例

ページトップへ