痛みがない・削らない虫歯治療

当院の虫歯治療について

虫歯治療でこんなお悩みありませんか?

  • 痛そう
  • 削りたくない
  • 神経を抜きたくない

当院の虫歯治療は、削るのではなく、虫歯になってしまった箇所を取り除く治療を行っています。
また今までの削る治療では、肉眼で見えない部分の虫歯を取り残してしまう事もあり、治療したのに時間が経過すると、再発してしまうリスクがありました。

当院では肉眼で治療するのではなく、マイクロスクープを使った治療+カリソルブ・キッズソルブを使った治療を行い、的確に虫歯を除去する事が可能です。

削らない虫歯治療【カリソルブ・キッズソルブ】※神経に達していない虫歯

  • 特長1

    ドリルで削ることが少ない

  • 特長2

    虫歯だけ溶かし、特殊な器具で除去

  • 特長3

    幼児・小児・高齢者でも安心

カリソルブ治療

カリソルブ治療は虫歯になってしまった部分に、薬剤を塗布して溶かす治療法です。溶かされた虫歯は手用器具を使って取り除きます。使用する薬剤は虫歯になっている部分にしか作用しないので、今までの治療と違って健康な歯質を削ること無く、最大限残すことができる虫歯の治療法です。

牙質の虫歯部分のみを除去することが可能なので、神経を残せる可能性が高く、治療音も静かで恐怖心も和らぎます。

キッズソルブ治療【乳歯専用】

永久歯用に開発されたカリソルブを乳歯と生えたての永久歯用として開発されたのがキッズソルブです。カリソルブ同様に世界各国で小児歯科の虫歯治療として普及してきており日本でも最先端の小児歯科虫歯治療となります。

虫歯の治療が苦手なお子様、痛みに弱いお子様、ドリル音が苦手なお子様にとっては、利点の大きい治療方法といえます。

カリソルブ・キッズソルブの治療の流れ

図の様に、カリソルブ・キッズソルブの薬液が、虫歯に浸透しやすいように、少しだけ削る場合もありますが、ほとんどの虫歯の場合は、削ることはありません。
薬液が、虫歯になっている部分を軟らかく溶かし、特殊な器具を使用して、溶けた虫歯を取り除きます。健康な部分は、アミノ酸によって保護されますので、健康な部分に影響が出ることほとんどありません。

虫歯の再発を防止し、神経を残す【ドックベストセメント】

  • 特長1

    残存細菌を殺菌

  • 特長2

    永続的な殺菌力

  • 特長3

    痛みがほとんどない

  • 特長4

    象牙質を再生させる可能性

  • 特長5

    神経を残せる可能性

  • 特長6

    治療回数が少ない

ドックベストセメント治療について

ドックベストセメント治療とは、アメリカで開発された、今までの虫歯を削って治すという発想とは全く違う”虫歯を削らないでミネラルで殺菌する”という画期的な治療法です。

通常の治療では、虫歯の部分をすべて取るため大きく歯を削ります。しかし、ドックスベストセメントでは、神経まで達している虫歯の部分を除去しないで、ミネラルで虫歯を殺菌します。その後、歯の中に少し残った虫歯も死滅すると同時に、歯の内部から第3象牙質が出来上がり歯の神経を温存保護することが可能になります。

ドックベストセメント治療の流れ

カリソルブ・キッズソルブで、虫歯を除去した後にドックベストセメントを詰めていきます。
この様に、治療をすることで痛みが無い治療だけでなく、虫歯の再発を防止し、ドックベストセメントの殺菌力効果で、神経を守ることが期待できます。

神経まで達してしまった虫歯治療【MTAセメント+マイクロスクープ】

  • 特長1

    顕微鏡治療

  • 特長2

    歯髄を守る

  • 特長3

    神経を残す

MTAセメント

虫歯が深く神経まで達している場合、ほとんどの治療では麻酔をして、神経を取り除く治療を行います。
しかし、MTAセメントでは神経を取り除くのではなく、神経を残し守ることを目的にして行う治療法です。
神経を取り除いてしまうと、最悪の場合は抜歯となります。
当院では、歯を残す!そのために、最善な治療法は何なのかを考えて、治療を行っていますので、神経まで達している虫歯でさえ、抜歯しないためにMTAセメント治療を行っています。

より正確な治療を・・・マイクロスクープ【顕微鏡治療】

マイクロスクープは、肉眼より数十倍も拡大して患部を診る事ができます。

そのため当院では、根管治療だけでなく様々な治療でマイクロスクープを活用して治療を行います。
それは、肉眼では確認できない異常箇所の発見だけでなく、神経まで達してしまっている虫歯治療のような精密な治療も、より正確に確認しながら治療できるためです。

削らない審美治療 スーパーエナメル
ページトップへ